当サイトについて

ブログタイトル:豆ガジェ通信
運営者:豆ガジェ男
profilephoto
連絡先
mamegadget@yahoo.co.jp
プライバシーポリシー
免責事項

かてごり一覧

かれんだー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

月別あーかいぶ

SONY α6000の後継機α6300を3月11日に発売 最大のウリは0.05秒オートフォーカス

0
    α6300
    性能の高さに対してのコストパフォーマンスの良さから大人気のα6000ですが、後継機が発表されました

    α6300

    です
    私をはじめ多くの方が待ち望んでいるNEX-7の後継機ではありませんでしたが、フラッグシップの名を冠するに相応しいスペックで登場してくれていますよ
     
    スポンサーリンク

    スペック


    まず、ざっくりとスペックを見ていきます。主なスペックは以下
     
    センサーサイズ APS-C
    有効画素数 2420万画素
    センサータイプ Exmor CMOSセンサー
    ファインダー 0.39型 EVF
    視野率 100%
    倍率 約1.07倍(35mm判換算:約0.70倍、50 mmレンズ、無限遠、視度-1m-1時)
    シャッター速度 1/4000-30秒、バルブ
    AF方式 ファストハイブリッドAF(位相差検出方式/コントラスト検出方式)
    サイズ 約120.0(幅) x 66.9(高さ) x 48.8 (奥行き)mm
    重量 約404g
    その他 4K動画撮影可、3型チルト液晶、マイクロUSB、HDMI、Wi-Fi、NFC他

    撮像素子が新しくなっており、位相差検出でのフォーカスポイント測距点が425点もあります
    これによってこれまでウリにしてきた4Dフォーカスにさらに磨きをかけた、最速0.05秒のフォーカス速度を実現しています

    マグネシウムのボディ、センサーには銅配線を採用、防塵防滴仕様、14bit RAWなど、細かな点でも多数のパワーアップが見込めます
    喜ばしいことなのですが、これによって残念な点がふたつ

    一つ目は、値段の高騰です。ボディのみでも現行機種であるα6000の倍近い、130000円〜となかなかのお値段です
    これはそのうちこなれてくるだろうと信じたいですが、SONYはこの機種をAPS-C機種の最高峰であると謳っていますので、フラッグシップ機としてある程度の価格は仕方ないのかもしれません

    二つ目はまさにその「フラッグシップ機である」、という点なのですが、これはもうNEX-7の後継機が出ない確率がかなり高まったということなのかなと感じてしまいます
    α6000が登場した時に、α6000はNEX-6とNEX-7を統合したAPS-Cミラーレスの最高峰と言われていました。がしかし、フラッグシップにしてはチープな作りであったり、機能も全部盛りというわけではないことから、私を含めたファンはα7000が登場するだろうと信じていました

    今回、機能をかなり盛り込んできたことで、α7000の登場の可能性がかなり薄くなったと感じます
    まだシャッター速度の向上や手ぶれ補正機能など、盛り込める機能はあるにはあありますが、これ以上を求めるのであればα7シリーズを買いなさいということなのかなとも思います…この予感が当たっているとすると、ちょっと残念です

    とはいえこの機種、スペックの上では文句のつけようもありません
    非常におすすめの一台です
                
    スポンサーリンク
                        
    ブログパーツ
            
    コメント
    コメントする