当サイトについて

ブログタイトル:豆ガジェ通信
運営者:豆ガジェ男
profilephoto
連絡先
mamegadget@yahoo.co.jp
プライバシーポリシー
免責事項

かてごり一覧

かれんだー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

月別あーかいぶ

3台まで加入できるモバイル保険だが、かゆいところに手が届かない!?

0
    モバイル保険

    月額700円で手持ちのモバイル機器を3台まで保障してくれる、さくら少額短期保険の

    モバイル保険

    ですが、利用したいなと思ってよく見ていくと思っていたほどの保障が受けられないのかなと感じましたのでちょっと利用を迷っています
    詳しくご紹介したいと思います
     
    スポンサーリンク

    モバイル保険の基本的な概要は
    スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、携帯ゲーム機など、対象のモバイル機器を最大3台まで登録して補償サービスを利用できる
    というものです。料金は月700円で、メイン端末として登録する1台は年間最大10万円まで、さらに2台まで登録できるサブ端末は最大3万円(2台合わせて)までの修理料金が支払われます

    安心を買うという意味では妥当な料金かとも思えますが、気になる制限があってそれが
    「日本国内で販売されたメーカー純正、またはMVNOを含むキャリアが販売した端末に限る」
    というものです
    つまり、中華パッドは対象外です。そして、保険に登録できる機器は

    \犠錣冒患’修動くもの
    ⊃卦取得から1年以内のもの

    という制約があります。この「新規取得」、普通に考えれば自身が入手した日という意味で、商品の新古は問われないだろうと思いますが、そこは保険会社のやること。新品での購入時のみを対象としていることも充分に考えられます

    次に補償金額についてですが、補償してもらえる金額の上限は年間10万円が最高で、これは3台の端末の合計となっています。例として
    メイン端末で10万円の補償を受けたら、その契約年ではサブ端末の補償は1円も受けられません

    そして、この保険の良いところは盗難にも対応してくれることであると謳っていますが、盗難をはじめとする「修理不能な場合」では補償金額がグッと下がります
    メイン端末では、購入金額か25000円のどちらか低い方、サブ端末では購入金額か7500円(2台合計)のどちらか低い方、となります。こんな金額でいったいどうしろと…

    まだあります
    ガジェット界でよくあるのですが、機能の一部に不具合があるのにメーカーが「仕様です」と言い張るような場合。こうしたメーカーの瑕疵による不具合については保険の対象外となります
    例えば先日、DELLのVenue8 Pro 5855で不具合がありましたが、ああいった場合は保険は受けられないということです。まあ、これに関しては望みすぎなのかもしれませんが…

    やはり保険というものの性質上、融通のきかないところが多いようですね
    事故や紛失を起こさないよう、気をつけて使うというのがいちばんたいせつなのかもしれません
                
    スポンサーリンク
                        
    ブログパーツ
            
    コメント
    コメントする