当サイトについて

ブログタイトル:豆ガジェ通信
運営者:豆ガジェ男
profilephoto
連絡先
mamegadget@yahoo.co.jp
プライバシーポリシー
免責事項

かてごり一覧

かれんだー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

月別あーかいぶ

任天堂の次世代ハード「NX」 改め 「Nintendo Switch」発表!

0

    Nintendo Switch

     

    既に各所で話題ですが、開発コード「NX」の名で噂されていた任天堂の時期ハードが正式に発表されました

    その名も

     

    Nintendo Switch

     

    位置づけ的にはあくまでも据え置き型ゲーム機でありながら、携帯型ゲーム機のように持ち出して出先でもそのままゲームを楽しむことが出来るというのが最大の特徴です

    詳しく見ていってみたいと思います

     

    スポンサーリンク

    「Nintendo Switch」の本体はディスプレイ一体型となっている部分

    これを「Nintendo Switch ドック」に接続することで、家庭用据え置き型ゲーム機として使用できるという仕組みとなっています

     

     

    とはいえ、今回搭載されることになったメインプロセッサはNVIDIAのTegraです

    これはどちらかというとモバイル機器向けのSoCとなっており、性能面ではPS4ほどは望めません。高解像な重量級の3DCG系ゲームというよりは、これまでのWii Uと同等程度のゲームや、携帯機、スマホゲームのようなグラフィックのソフトがラインナップされるのではないかなと思います

     

     

    ユニークなのはコントローラーの仕様ですね

    「joy-Con」と呼ばれる着脱式の無線コントローラーを備えており、携帯時には「Nintendo Switch」本体に取り付けて使用することが出来たり、個別に使用して複数人で同時にゲームをプレイすることが可能となっているようです

    本体には「Joy-Con」のL/Rの2つが標準で付属するようです

     

    また、「Nintendo Switch Pro Controller」という従来機のようなコントローラーも用意されているようです。たぶん別売りだとは思いますが、操作のし辛さに対して配慮されているなと感じて好印象です

     

     

    地味に嬉しいのは本体にキックスタンドが採用されている点です

    出先でも、デスクのある落ち着いた環境でプレイできる時にはこのキックスタンドがあると腕への負担が減りそうですね

     

    ソフトは「ゲームカード」と呼ばれるカートリッジ式のもので光学ディスクではありません。残念ながらというか、3DSやWii Uのゲームとは互換性は無いようです

     

    まだ詳細な仕様が全く発表されていないのですが、公開された動画を見る限りでは画面サイズは7インチ程度で、タッチ操作には対応していないのかなという印象を受けます。据え置き型ゲーム機であるのでタッチ操作の必要が無いのだとは思いますが、サプライズとしてあえて隠している可能性も大きいですね。というのも、持ち運びが出来るのであればムービーや音楽の再生なんかも行える機能が付くのかなと感じるためです。そうした操作の際には、やはりタッチ操作の方が便利でしょう

     

    今回の発表を受けて「良いな」と思ったのは何よりもそのデザインです

    任天堂らしくない、スタイリッシュと言っていいほどカッコいいデザインとなっています。これなら持ち運ぶ気になります☆

    でも、あのロゴと「カチッ」とかいうオリジナルのSEはやめていただきたいですが…

     

    ローンチとは言いませんので、プレイしたいと思えるようなソフトが登場するなら買ってみようと思います

    据え置き型ハードを買うのはPS2以来です(笑)

                
    スポンサーリンク
                        
    ブログパーツ
            
    コメント
    コメントする