当サイトについて

ブログタイトル:豆ガジェ通信
運営者:豆ガジェ男
profilephoto
連絡先
mamegadget@yahoo.co.jp
プライバシーポリシー
免責事項

かてごり一覧

かれんだー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

月別あーかいぶ

誤差0.08mm! 市販のデジカメを使い、高精細3Dデータを作成する技術が登場

0

     

    凸版印刷株式会社が驚きの精度と手軽さを両立させた3Dモデルデータ生成の実証に成功しました

    どのような技術なのかといいますと

     

    市販のデジカメで誤差0.08mmの3Dモデル作成

     

    です

    詳しくは記事の続きで見ていきたいと思います

     

    スポンサーリンク

    以下はメーカーサイトの引用になります

    凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、デジタルカメラで撮影した画像から三次元形状モデルを自動生成できる画像処理技術を開発しています。
    このたび、本技術の有効性を検証するため、株式会社本田技術研究所(本社:埼玉県和光市、代表取締役社長:松本宜之、以下 本田技術研究所)の協力のもと、自動車デザインの製作プロセスにおける性能評価実験を実施。その結果、CADへの適用にも耐え得る高精度なモデル生成に成功しました。

    本性能評価実験は2016年6月から実施したもので、具体的には、本田技術研究所が製作したドアのクレイモデルに対し、凸版印刷が本技術を適用して三次元形状モデルを作成。本田技術研究所にてその三次元形状モデルの表面平滑化処理を行った上で工業用三次元測定機の測定結果との比較評価を行ったところ、A4サイズにて、誤差0.08mmという、高精度なモデル生成を実現しました。
    これにより、従来は高価な専用機器でしか実施できなかった、製造デザイン工程における三次元形状計測が、本技術を用いることによって、民生品のデジタルカメラでも手軽に実施可能であることが確認され、業務の大幅な改善が期待されます。

    つまりどういうことだってばよ? と思われるかもしれませんのでざっくりと説明しますと、既存の3Dモデル作成ソフトでも行われている「写真をラップ(重ねて)させてステレオ写真の原理で3Dモデルを作成する技術」を使用して、本田技研の協力のもと、自動車製作にて実証実験を行ったということです

    そしてその結果、誤差はA4版で0.08mmしか無かったよ。この精度を普通のデジカメで出来たんだよ、すごいでしょ!

    ということになります

     

    誤差を示すヒートマップです。全体的にかなりの精度を出していることが見て取れます

     

    こちらは滑らかさを示すゼブラパターンです。綺麗に縞が現れています

     

    ステレオ写真の原理で作製する3Dモデルは、被写体との距離やラップ率によって誤差は変わってきますが、それにしてもここまでの精度は出せませんでした。そのため、精密な設計の必要な現場では高価なレーザースキャナーなどが使われていたわけですが、今回の実証によって民生用デジカメでもお手軽に三次元設計計測が行えるようになり、業務の大幅な簡素化や低コスト化が実現することとなりました

     

    非常にうれしいニュースです。ステレオ写真による三次元設計はドローンでも活用が始まっている分野ですが、精度があまり上がらないのが悩みの種でした。今後どんどん、この技術を活用した製品が出てきてくれると、工業分野だけではなく、ドローン市場もさらに活性化していくのではないかなと感じます

    頑張ってください

                
    スポンサーリンク
                        
    ブログパーツ
            
    コメント
    コメントする