当サイトについて

ブログタイトル:豆ガジェ通信
運営者:豆ガジェ男
profilephoto
連絡先
mamegadget@yahoo.co.jp
プライバシーポリシー
免責事項

かてごり一覧

かれんだー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

月別あーかいぶ

次世代モバイル通信「5G」の実証実験。最大で上り/下り1.7Gbpsの速度も出た!

0

    5g通信

    画像出典:価格.com様

     

    サムスンがKDDIと共同で進めている、移動中における5G高速データ通信実験に成功したそうです

    この5G通信は2020年実用化を目指して開発が進んでいる次世代の通信規格となります

    今回はこのニュースに加えて、5G通信の概要をご紹介したいと思います

     

    スポンサーリンク

    実証実験内容

    今回の実験では、埼玉県さいたま市の在来線区間にて、5Gルーターやアクセスユニットを構築し、走行する電車内にてデータ通信実験を行ったというものです。実験は4K/8Kの映像を受信するなどで行われ、転送レートは最大で1.7Gbpsを実現したというものです

    ものすごい数値ですね。当然、電波の混雑などもないわけですからスループットが如何なく発揮されるのは当然でもあるのですが、それにしても移動体の中でこれだけの通信速度が出せるというのは、確実に暮らしが大きく変わることを示唆しています

     

    5G通信て、ナニ?

    そもそも5G通信とはなんなのでしょうか?

    既にご存知の方も多いと思いますが、一昨年ぐらいから急速に実証実験などがはじまったモバイル通信規格の第五世代を意味します

    今使われているLTE通信は4G(厳密には3.9Gも存在するが…)と呼ばれる四世代目の通信規格で、5Gはその後継となるわけですが、それだけではありません

     

    5G通信は理論上10Gbpsを超える速度を出すことが可能となっています。いくらスマホが普及したからといって、モバイル端末にここまでの速度が必要かというと首をかしげますよね。ですがこの5G通信規格はモバイルに留まらないIoT機器全般のインフラ整備や、光ケーブルも含めた既存の通信規格のトラフィックの限界を解消するために整備が進められているのです

     

    あらゆるモノがインターネットに繋がっていくのがIoTですので、当然トラフィックは増加の一途をたどります。さらに言えば、そうして通信させたいデータそのものも高解像度な動画など、大容量のものとなっていっていますよね。。今後ますますIoT化が進んでいけば、やがてパンクしてしまうのは明白です(一説には2010年の1000倍のトラフィックになるとも…)。それを解消するために策定されているのが5G通信となります。決して携帯電話やスマホのためだけのものではないんですよね

     

    また、5G通信は低レイテンシーも大きな目標となっています。今現在の4G通信では10msほどの遅延があると言われていますが、これを1msまで改善したいと考えているとのことです。つまり通信による遅延が1/10に短縮されるわけですね。高速通信且つ低レイテンシーであれば、リアルタイムでの様々な状況判断が可能となります

    • ドローンの超長距離からの遠隔操作
    • 自動車の自動化
    • 遠隔医療
    • ロボットアバターによる人間の代理行為(仕事・買い物など)

     

    などが考えられるでしょうか。これらは逐一変わる状況を即座に判別し、正確な対応が求められる行為ですが、遅延の少なさと高解像度な映像によって一気に現実味を帯びてくると思われます

    また、5G通信では超多数の端末との接続も目標のひとつです。混雑時はスループットの低下は避けられず、すでにいまの4G通信は地域にもよりますが厳しい状況も増えてきていますよね(通称パケ詰まり)。5G通信はこうした不便をできる限り抑えるために、超多数端末との同時接続をサポートすると謳っております。期待したいですね

     

    使用する周波数帯は24GHz以上の帯域になると言われています。回折性が低くなるため、障害物や建物の影、屋内などでの安定した通信が課題となりそうですが、整備されて4Gと同じように使えると嬉しいですね。まあすぐには難しいでしょうが…

    年も明けて早1か月…。5Gの未来までもう2年を切っています。ワクワクが止まらなくなってきました。期待して待ちたいと思います♪

                
    スポンサーリンク
                        
    ブログパーツ
            
    コメント
    コメントする