当サイトについて

ブログタイトル:豆ガジェ通信
運営者:豆ガジェ男
profilephoto
連絡先
mamegadget@yahoo.co.jp
プライバシーポリシー
免責事項

かてごり一覧

かれんだー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

月別あーかいぶ

DJI Telloを買う人は注意! TelloはこれまでのDJIドローンとは操作性が違います

0

    dji tello

     

    DJIからついに航空法対象外となる、重さ80gのドローンが登場! その名も

     

    DJI Tello

     

    ……と喜びたいところですが、実はこの商品、厳密にはDJI製品ではないんですよね

    ご存知の方も多いかとは思いますが、なぜDJI製品ではないこのドローンがDJIから発売されるのか? そしてそのスペックと、これまでのDJI製品とは異なっている点をご紹介していきたいと思います

     

    スポンサーリンク

    まず先に、このドローン「Tello」のスペックをご紹介したいと思います

     

    • 飛行時間:13分
    • サイズ:98×92.5×41 mm
    • 重量:80g
    • 操作可能範囲:100m
    • 最高速度:時速28.8km/h
    • 動画:HD画質(720P/30f)
    • 静止画:500万画素
    • その他:ビジョンセンサー、スロー&ゴー(放り投げて離陸)、衝突回避、自動離着陸、自動航行(EZ Shot)、プログラム飛行

     

    となっています。付属品は本体にバッテリー、プロペラが2組とプロペラガードが付いてお値段は12800円です。一応カラーバリエーションが3色展開されていますね

     

    dji tello

     

    プロポは無しで、基本的にはスマホ等とWi-Fiで接続して操作します。市販のbluetoothゲームコントローラーでも操作が可能です。

    カメラは本体固定式となりジンバルは付いていません。一応、電子式手ブレ補正は付いていますので、室内であればそれなりに安定した撮影が可能だと思います。屋外ではかなり条件が良くないと厳しいでしょう…

     

    とはいえ、「あのDJIが出した製品だから安心だろう。しかも安いし」と思って買ってしまう人が多いと思います

    別に悪いことだとは言いませんが、その前にこの製品がどういうドローンなのかを知ってから、買うかどうか検討してみた方が良いと思います

     

    まず、このドローンを作っているのはDJIではありません。RYZE Roboticsという中国のスタートアップ企業です。この会社はDJIの子会社や関連会社でもありません。完全に赤の他人の会社です。DJIからは技術提携を受けているだけという形で、開発製造はこのRYZE Roboticsが行っています。どうやらDJIとRYZE Roboticsは会社自体が近くにあることもあって、元々仲の良い会社であったようです。そうした縁があって、今回技術提供を受け、DJIストアでの販売というサポートも受けることが出来たようですが、この「Tello」を作るにあたっても、DJIとRYZE Roboticsが関連会社化したという事実はありません。DJIはほぼ無関係であるということを、まず頭に入れておく必要があります

     

    また、この「Tello」にはintelの「Movidius Myriad 2 VPU」が採用されています。これはDJI SPARKに採用されているチップと同じもので、SPARKはこれによってFace Aware、ジェスチャー操作、機体下部のビジョンセンサーによる安全着陸を実現していました。「Tello」がこれら全ての機能を持っているかは不明ですが、備えていれば大々的にアピールしてくると思いますので、おそらくはビジョンセンサーによる飛行のアルゴリズム部分だけが使われているのだと思われます

     

    いちばん注意してほしい点はこちらです

     

    このドローンは「Tello」という独自アプリを用いてフライトさせます

     

    dji tello app

     

    従来の「DJI GO」アプリでの操作ではありませんので、これまでのDJI製品とは全く操作方法が異なります。ということです。誤解しないでいただきたいのですが、スロットル、エルロン、ラダー、エレベーターといったスティック操作は変わりません。それはメーカー問わず共通ですので。そうではなく、ドローンのセットアップや、各種機能の使い方などがDJI製品とは違うという意味だと思って下さい

    2月11日現在、このアプリは日本語には対応していませんので、英語が苦手な方はご注意ください。上記の画像にあるようなフライトモードの選択のほか、このアプリでは「飛行速度」の切り替え(速い/遅い)、bluetoothジョイスティックの設定、VRモードへの切り替えなどが行えます

     

    実際にアプリをインストールしてみましたが、よくある無名メーカーの安物ドローンが用いているアプリと大差ないという印象です。DJIがどこまでケツ持ちをするつもりなのか不明ですが、これはちょっとトラブルになりそうな気がしましたので、老婆心ながらこのブログで警告させていただいた次第です。他のサイトを見ると、小遣い稼ぎのためなのか、やたらとこのドローンを勧めて、商品ページへのリンクを貼ってる記事ばかり書いている人が多いのも気になりましたので…

    一応、ドローン業界に身を置くものとしての注意喚起です

     

    また、「プログラムが可能」となっていますが、これについては「Tello」独自の機能ではありません

    MIT(マサチューセッツ工科大学)が以前より開発している「Scratch」という子供向けのビジュアルプログラミング言語があります。この「Scratch」は誰でも無料で使えるのですが、「Tello」はこの「Scratch」でプログラムを組んで飛行させることが出来ますよ、ということになります

     

    mit scratch tello

     

    「Scratch」を扱うには原則、PCが必要になります。iPadでもやる方法はあります。スマホやタブレットでは、ちょっと裏技的な方法をとらないとすんなりとは出来ません。このあたりも注意が必要です

     

    よく調べたうえで気に入って買うのなら良いのですが、決して安易には飛びつかないように気を付けて下さい

    DJIは良い会社だとは思いますが、それでも中国の会社ですので、「Tello」について文句を言っても「うちは関係ないんで」と一蹴される可能性があります。「おたくで流通させてるんだから責任あるだろ」と言っても、そうした日本の価値観が通用しない可能性も大いにあります

    現在先行予約が始まっていますが、焦らずよく吟味してみて下さいね

     

    蛇足になりますが、この価格帯のトイドローンであれば、ParrotのMamboが非常に操作にクセがなくておすすめです

     

                
    スポンサーリンク
                        
    ブログパーツ
            
    コメント
    コメントする