当サイトについて

ブログタイトル:豆ガジェ通信
運営者:豆ガジェ男
profilephoto
連絡先
mamegadget@yahoo.co.jp
プライバシーポリシー
免責事項

かてごり一覧

かれんだー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

月別あーかいぶ

Youtube広告収入を得るための審査基準が厳格化、というか操作可能に…っ! 回避策もありそうだし

0

     

    朗報! ……あ、いえいえ失礼しました、悲報です

    Youtubeが「儲かる!」と話題になって久しいですが、来る2018年2月20日より

     

    Youtube広告収益化の基準が厳格化

     

    となりました

     

    よっしゃぁ、メシウマ!

     

    おほんっ! 悲しいことですね…

     

    しかしマジメな話、これによって懸念が出てくるのも事実ですのでちょっとそのあたりのことを今回は書いてみたいと思います

     

    スポンサーリンク

    ユーチューバーなどと呼ばれ、簡単に(実際は動画職人の方も苦労されているんですが)お金が稼げるということで一気に人気となったyoutubeへの動画投稿

    しかしそれによって

    • モラルの低い動画の投稿
    • 反社会的な動画の投稿(いわゆる炎上ねらい)
    • 工夫の見られない粗製乱造な動画の氾濫
    • 著作権を侵害する動画

    が溢れてきてしまっているのも事実

     

    こうした事態を受けて…かどうかは定かではありませんが、この度Youtubeでは広告収益化(パートナープログラムといいます)への審査基準を厳しくすることを発表しました。そしてその開始日は2月20日からとなっています

    これまでの審査基準は「投稿動画の総再生回数が10,000回を超えた場合」でしたが、新しい審査基準は以下になります

     

    • チャンネル投稿動画の再生時間が過去1年間で累計4,000時間以上
    • チャンネル登録者数が1,000人以上

     

    このように変更されました

    この中で厳しいのは2番目の条件「チャンネル登録者数1000人」です。Youtubeも嫌なところをついてきたなという感じですが、これはポッと出のユーザーが一朝一夕でクリアできる数字ではありません。定期的に良質な動画の投稿を繰り返すことで、「次の動画も楽しみだなぁ」と少しずつ思っていってもらえてようやく達成できる数字ですね

     

    今回の対応によって『にわかユーチューバー』は一気に減ると思います。彼らの多くは「楽して稼ぎたい」なわけですから、手間がかかるならYoutubeからは離れていくことと思います。これは自浄作用という意味では良い判断だった面だと思います

    私もアニメーションを作るので分かりますが、本来動画を作ってお金をもらうというのは大変な仕事です。あんまり儲からないし…。そういった方々を差し置いて、反社会的(いたずらとかイジメ)な動画や著作権侵害(音楽、漫画のネタバレ画像)動画でカネを儲けている人がいるというのが腹立ちますので、これはナイス判断! と、本当だったら言いたいです

    ※不適切動画はGoogleも当然対応しますが、雨後の筍のようにムクムクと出てきます。また、アカウントBANされない裏技もありますので…

     

    こうすることによって粗製乱造動画が減り、より厳選された動画・チャンネルが残ることとなり、1広告当たりの広告単価も増え、苦労して動画を作っているクリエイターの方々に還元されるのであれば本当に嬉しいです

    ただ、残念ながらそうはならない気がしています…

     

    • より手早くチャンネル登録数を稼ぐため、逆に反社会的な動画の増加が加速する
    • チャンネル登録売ります、という商売が登場する
    • チャンネル登録は自前で調達できる
    • まっとうなクリエイターもユーザーの顔色を窺わないといけなくなる

     

    こうしたリスクを孕んでいると思うんですよね

    1番目はそのまんまなのですが、なんのかんの言っても人間て他人の不幸とかが好きなんですよね。そうした動画は再生が伸びるし、逆に批判する人が現れてもそれはそれで伸びる。投稿主が不幸・痛い目に遭うものと、第三者を不幸・痛い目に遭わせるものがあるかと思いますが、そのどちらもが今後もドシドシ投稿され続ける気がします。しかも今までと違って単発動画じゃダメなわけですから、連続して投稿できるようエスカレートしていってしまうのではないかと懸念しています

     

    2番目は間違いないでしょうね。今でさえ広告のクリックや再生数を売っている方がたくさんいるわけですから(近隣国には特に)、チャンネル登録が基準になるなら間違いなく売り買いされることでしょう

     

    また3番目について。これはそもそも今回の基準厳格化の是非を問うものにもなりますが、そもそもチャンネル登録って自作自演で出来るんですよね。アカウントなんていくらでも作れるんですから。さっき別アカを作ってチャンネル登録してみましたが、アカウント作成後すぐにチャンネル登録可能でした。しかも元々のアカウントと別アカとで2件分登録できました

    確かに1000アカウント作るのはめんどくさいですが、さっきアカウント作成にかかった時間が1分でしたので、頑張れば1日で自前でも調達できます。これに対してGoogleがどこまで調査するのかは不明です。不審に思われれば審査否承認やアカウント削除もあるかもしれませんが、そこまでチェックしますかね? なんか無意味な改定のような気がしてきました

     

    そして4番目、これがいちばん心配です。動画職人さんの中には本当にこの動画制作に本気で向き合って、これで生計を立ててる人だっていることと思います。そうした真っ当なユーザーが、視聴者の反応に怯えてしまって思い切った作品を作れなくなっていってしまったり、自分の主張が出来なくなっていってしまうことがいちばん怖いです

    これまではたとえユーザーに受け入れられないことをやっても、生活を脅かされる=広告収入を切られることは無かったわけですね。ところがこれからは視聴者側から『チャンネル登録を解除する』という、ある程度のコントロールが可能となってしまったのです。チャンネル登録者数がギリギリの方は特に、こうした視聴者の反応に敏感になってしまうことと思います

     

    今回のYoutubeの基準変更は、はっきりいって改悪だと個人的には感じています。もっと別の方法で、ユーザーファーストを実現し、質の悪いコンテンツは排斥し、真っ当に頑張っている方が報われるような仕組みの構築を望みます。これはGoogle全体にも言えることです。アフィリエイト目的のサイトが増えすぎて、最近は真っ当な情報を探すだけで手間がかかってしまうという現状があります。こうしたサイトのふるい分けも、併せて行っていただけたらと切に願うばかりです

    まあ、そのためにAI開発している面もあるのだとは思いますが……期待してます!

                
    スポンサーリンク
                        
    ブログパーツ
            
    コメント
    コメントする