当サイトについて

ブログタイトル:豆ガジェ通信
運営者:豆ガジェ男
profilephoto
連絡先
mamegadget@yahoo.co.jp
プライバシーポリシー
免責事項

かてごり一覧

かれんだー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

月別あーかいぶ

性能まとめ「DJI Mavic Pro 供彎霾鷙洪掘3月22日に発売!→6月に延期?(噂含む)

0

    記事中画像出典:Drone DJ

     

    先日Mavic Airが発売されたばかりではありますが

    (関連記事:私は惹かれませんが、DJIのドローン「Mavic」にニューモデルが登場しました。これまでのモデルとの比較も

    ご存知の方も多いことでしょう。圧倒的に性能をアップして

     

    Mavic Pro

     

    がもうすぐ発売されることが濃厚となってきております

    「Mavic Air」を購入された方・・・・・・(´;ω;`)ブワッ

     

    今回は現時点で判明している情報をまとめてみましたので、話半分程度に聞いておいていただけたらと思います(笑)

    実現期待度も併せて記載しております

     

    スポンサーリンク

    まず機体名についてなのですが、アラビア数字の「2」ではなくギリシャ数字の「供廚採用されます

     

     

    Phantom4 Pro

    INSPIRE2

    Mavic Pro

     

    なぜ自社製品で統一しないのか謎ですが、そのようになっているとのこと。ちなみに流出したと思しきプロット画には「Mavic2」と書いてありました

     

    ではその他の情報をまとめていってみたいと思います

     

    • 発売日は3月22日である(実現期待度20%) どうやら発売日は晩春〜初夏へずれ込む可能性が高まってきているようです。ちなみに3月には別のDJI製品が発売される可能性があるとされており、それは「SPARK2」ではないかと言われています。これについてはまた別記事でご紹介します
    • サイズは現在のMavic Proよりも大型化する(実現可能性90%)
    • バッテリー容量が4820mAh、15.2V。容量はPhantom4シリーズ用バッテリーより少ないです。電圧は同じですので、セル数は一緒(4セル)と思われます(実現可能性90%)
    • 飛行時間は32分(実現期待度80%)
    • 1型CMOSセンサー・28mm広角レンズ(実現期待度70%)
    • 後方ビジョンセンサー(実現期待度ほぼ100%)
    • 暗所でも障害物回避飛行が可能な赤外線3Dセンシング搭載(実現期待度ほぼ100%)

     

    こんなところでしょうか。その他、性能以外のまとめは以下

     

    • 最高速度72km/h
    • 新設計3軸ジンバル
    • プロポは同じデザインだが新型となる
    • OcuSync使用
    • ベータテストは終了済み
    • 対応アプリは「DJI GO 4」
    • 予想価格$1299(日本はたぶんおま国価格で168000円ぐらいと予想。円高?なにそれ美味しいの?状態)

     

    発売が遅れてしまいそうなのは残念ですね。でも、3月発売は「Mavic Air」を買った人が可哀そうすぎるのでこれで良かったのかも

     

    次いで、機体の大型化についてですがこれはほぼ間違いないと思います。バッテリー容量のアップ、センサーサイズの大型化ときては機体が大きくなるのは止む無しですね。バッテリー容量と飛行時間から考えるに、重量はおそらく1kg前後だと思われます。意地で1kg切って990gとかで出してくるかもしれませんね

     

    上記の理由により、バッテリー容量アップと飛行時間アップもかなり現実的だと思います

     

     

    イメージセンサーサイズの大型化は十分にあり得ると思いますがちょっと懸念材料もあります。それが他でもないリーク画像になります

     

     

    この画像は恐らく企画〜プロトタイプ試作の間に描かれたスケッチだと思われますが、普通こうした画像にイメージセンサーのサイズ比をわざわざ図示しますかね? 一言「1inch CMOS」とでも書くような気がするのですが…。話題作りに初めからリークさせることを想定したスケッチ画だということも考えられますが、釣り画像という可能性も捨てきれません…

    ここがいちばん期待してるトコロなのでほんと頼みます。あ、カメラ画角に関してはこれはほぼ間違いないと思います。あと球体型のカメラ保護カバー続投はかなり嬉しいです。好きなんですよね、アレ

     

    その他「ほぼ100%」と書いてある部分は「Mavic Air」にて既に実現している部分になります。このあたりをオミットする理由は見当たりませんので、ほぼ確実に搭載されることと思います

     

     

    さて、1型撮像素子搭載+機体大型化ということで、i-Construction等で用いられるような写真測量にも本格的に使っていけそうな機体へと生まれ変わる(と思われる)Mavic Pro 供こればかりは発売日には即ゲットという選択肢以外あり得ません

    6月が待ち遠しいです

                
    スポンサーリンク
                        
    ブログパーツ
            
    コメント
    コメントする