当サイトについて

ブログタイトル:豆ガジェ通信
運営者:豆ガジェ男
profilephoto
連絡先
mamegadget@yahoo.co.jp
プライバシーポリシー
免責事項

かてごり一覧

かれんだー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

月別あーかいぶ

防水ドローン「Splash Drone Auto 3」

0

    中国のSwellProが発売する防水ドローン

     

    Splash Drone Auto 3

     

    が2つの意味で気になります

    1つは「欲しい」という気持ちから。もう1つは「ほんとに使えるのか?」という気持ちから

    ということでスペックを検証していってみたいと思います

    スポンサーリンク

    こちらのドローンは機体・カメラともに防水仕様となっているドローンです

     

     

    カメラはIP67相当ということで防塵性能も備えていることが分かります

    機体に関しては不明ですが、こちらも水に関しては水深60cmまで潜ることが可能とされています

    つまり・・・

     

     

    こんなダイナミックな使い方も可能というわけですね

    また使い道として

     

    釣りのお供や

     

    水難救助

     

    といったことへの活用を想定して機種となっています

     

    では、前置きが長くなりましたがそのスペックを見ていきたいと思います

    プロペラ間長:450mm

    重量:2380g

    最高速度:57.6km/h

    耐風性能:7.5m/s

    通信可能距離:1km

    位置測位システム:GPS/GLONASS

    フライト可能時間:16分

    ジンバル:2軸ジンバル

    カメラ:1/2.3CMOS F2.0

    バッテリー:4S 5200mAh

    プロポ:付属(液晶ディスプレイ付)

    ペイロード:自重含む3kgまで

    技適:あり

     

    このようになっております

     

    フライト可能時間がDJI製品と比べて短いのが気になりますね・・・。同じ4セルバッテリーでこちらの方が1kgぐらい重いので仕方ないですかね

    いただけないのはカメラですね。2軸ジンバルで1/2.3センサーって・・・。SPARKじゃあるまいし、これでは本格的な空撮とはいかなさそうです。やはり防水という点と、700gぐらいのものなら運べるという点に価値を見出せるかどうかという製品になりますね。でも、災害救助に使おうにも通信可能距離が1kmというのはちょっと短いような気がしますが・・・うーん、釣りのお供にするしかないのかなぁ

     

    お値段は販売店によって結構差がありますが、概ね20万円前後で買うことが出来ます

     

    注意が必要なのは、こちらのドローンはインテリジェントバッテリー仕様ではありませんので、正しいリポバッテリー取り扱いの知識が必要となります。過充電の発火などに十分気を付けて下さいね

     

    また海外製品ですので結構てきとうなところがあります。例えば「ペイロードが自重含め3kgまで」と言っているのに、別のところでは「1kgまでの荷物を運べます」とか書いてあったり・・・

    DJI製品を使うよりかは多少自分で調べるということが必要になる製品かと思いますので、ご注意くださいね

                
    スポンサーリンク
                        
    ブログパーツ
            
    コメント
    コメントする