当サイトについて

ブログタイトル:豆ガジェ通信
運営者:豆ガジェ男
profilephoto
連絡先
mamegadget@yahoo.co.jp
プライバシーポリシー
免責事項

かてごり一覧

かれんだー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

月別あーかいぶ

SMACH ZとGPD WIN2のベンチマークを比較してみる

0

    smach gpd ベンチ 比較

     

    みなさんこんにちは

    詐欺だ詐欺だと言われ続けてきたSMACH Zですが、どうやら東京ゲームショーに出展されることがほぼ決まったようです

    もちろん直前になって「機体はトラブルで持ってけません〜」となる可能性もまだまだあるのですが、光明が見えてきたということで(笑)

     

    5chのスレで希望的観測を書いたら「被害者を増やすな」と怒られてしまったので迂闊なことは言えませんが、期待したくなる状況となってきております

     

    ということで完成間近(?)記念として今回はSMACH ZとGPD WIN2が採用している二つのCPU(とSoC)のベンチマークを比較して両者がどのぐらい性能が違うのかを見てみたいと思います

     

    スポンサーリンク

    まず、両者のスペックをおさらいです

     

     

    SMACH Z ULTRA GPD WIN2
    CPU(SoC) AMD Ryzen Embedded V1605B Core m3-7Y30
    クロック・コア数

    4コア8スレッド

    2GHz/3.6GHz

    2コア4スレッド

    1GHz/2.6GHz

    L1/L2/L3キャッシュ -/256KB×2/3MB -/2MB/4MB
    TDP

    12W〜25W

    ※15Wまでになるという噂

    3.75W〜7W

    ※メーカー発表値は15W。BIOSで設定可能

    メモリ 16GB DDR4(デュアルチャネル) 8GB DDR3(デュアルチャネル)
    ディスプレイ 1920×1080 タッチスクリーン 1280×720 タッチスクリーン
    インターフェース

    USB TYPE-C/USB TYPE-A/Display Port

    Micro USB Port/Micro SDスロット

    全て1つずつ

    USB TYPE-C/USB TYPE-A/Micro HDMI

    Micro SDスロット

    全て1つずつ

    バッテリー容量 3200mAh 4900mAh(2つ載っていますが直列のため)
    サイズ

    277 × 100 × 36 mm

    ※ボタン突起含む最厚部

    162 × 99 × 25 mm
    重量 644g 460g

     

     

    となっています。SMACHは最上位のULTRAを記載していますが、ノーマル版を買っても自分でメモリやストレージのアップグレードは可能ですので安心して下さい。あ、ストレージを書き忘れましたがどちらもSATA接続のM.2 SSDです。そしてどちらも換装可能です

     

    こうして改めて比べてみるとSMACH Zのバッテリーはめちゃくちゃ心配です。ただでさえ消費電力の多いSoCに加えてフルHD解像度のディスプレイ、DDR4メモリであるにも関わらずバッテリー容量がGPD WIN2よりも少なくなっています

    SMACHは冗談抜きでGPD WIN2の半分〜3分の1ぐらいの時間でバッテリーが無くなるかもしれませんね・・・

    私のGPD WIN2が高負荷ゲームを連続でプレイして4時間ほどバッテリーがもつのですが、SMACHは1時間半ぐらいでバッテリーが切れるかもしれません。まあ公称値も2〜7時間と言っているので、覚悟は必要でしょうね

     

    さらに重さも当初の予定より1.5倍ほど重くなりました。まあ仕方ないんですが、GPD WIN2でさえ長時間手に持ってプレイするのはツライのですが、SMACHはより厳しいことが容易に予想できます。手に持ったうえで膝や腿で支えてプレイとなるでしょうね

     

     

    では、こうした数々の悩み(?)と引き換えに、SMACHがGPD WIN2と比較してどれだけ優れているのかを見ていきたいと思います。ベンチ結果はGFXベンチの結果となっています

     

    SMACH(AMD Ryzen Embedded V1605B) GPD WIN2(Intel Core m3-7Y30)
    Car Chase

    Onscreen 981frames(16.6Fps)

    Offscreen 1632frames(27.6Fps)

    Onscreen 517frames(8.8Fps)

    Offscreen 1284frames(21.7Fps)

    1440p Manhattan 3.1.1 Offscreen Offscreen 1453frames(23.4Fps) Offscreen 1068frames(17.2Fps)
    Manhattan 3.1

    Onscreen 1247frames(20.1Fps)

    Offscreen 2257frames(36.4Fps)

    Onscreen 717frames(11.6Fps)

    Offscreen 1824frames(29.4Fps)

    Manhattan

    Onscreen 1514frames(24.4Fps)

    Offscreen 2382frames(38.4Fps)

    Onscreen 1181frames(19.1Fps)

    Offscreen 2706frames(43.7Fps)

    T-Rex

    Onscreen 3325frames(59.4Fps)

    Offscreen 5670frames(101.3Fps)

    Onscreen 2176frames(38.9Fps)

    Offscreen 5084frames(90.8Fps)

    Tessellation

    Onscreen 3346frames(111.6Fps)

    Offscreen 11753frames(195.9Fps)

    Onscreen 1529frames(51.0Fps)

    Offscreen 7649frames(127.5Fps)

    ALU 2

    Onscreen 2255frames(75.2Fps)

    Offscreen 6396frames(106.6Fps)

    Onscreen 887frames(29.6Fps)

    Offscreen 4703frames(78.4Fps)

    Driver Overhead 2

    Onscreen 1289frames(43.0Fps)

    Offscreen 1126frames(18.8Fps)

    Onscreen 1701frames(56.7Fps)

    Offscreen 5029frames(83.8Fps)

    Texturing

    Onscreen 11537 MTexels/s

    Offscreen 10231 MTexels/s

    Onscreen 6553 MTexels/s

    Offscreen 7067 MTexels/s

    Render Quality 4373 mB PSNR 3693 mB PSNR

     

     

    赤字の方が良い成績となります。これを見るとさすがにSMACHの方が優秀で、ほぼ全てのスコアで1.5〜2倍以上のスコアを叩き出していることが分かります。CPUベースのテストでもGPUベースのテストでも、どちらもGPD WIN2を上回っていますね

    がしかし、GPD WIN2も2コアでクロック数も低い割には検討していると感じます。このあたりはやっぱりインテルはすごいですね

     

    Driver Overheadの値だけSMACHが異常に低いですが、正直これはよく分かりませんでした。どうやらGPUに細かな負荷をかけ続けるOpenGLベースのメトリックらしいのですが、どうもAMDのMantle APIの関係もあって正常な数値が出ない(もしくは設定が必要?)なようです

     

     

    冒頭に書いた通り、SMACHはまず本当に発売されるかどうかが分かりません

    そして無事にリリースされたとしても、大きい、重い、バッテリー持たないという三重苦が待っています(ついでに言えば日本の技適無し)

     

    私はスペック厨なので「少しでも良いものを」という思いもありSMACHに魅力を感じますが、客観的に見るとGPD WIN2の方がバランスが良く、価格に対しての性能も十分であり、「どっちを買ったらいいの?」と訊かれたらGPD WIN2の方をオススメします

    キーボードもついてますしねw

     

     

    おわりに

     

    今回掲載したベンチマーク結果はリファレンス基盤そのままでテストしている可能性が高く、実機によるベンチマークではありません(SMACHはまだ存在しないですし・・・)

    特にSMACHの方はTDP制限をかけるかもしれませんので、実際にはこれよりも低い性能となる可能性もあることを申し添えておきます

     

    そうなってくるとますますGPD WIN2の優位性が増す結果になるかもしれませんね

                
    スポンサーリンク
                        
    ブログパーツ
            
    コメント
    コメントする